人を知る

会社がぐんぐん成長していく姿を、
リアルタイムで見る刺激的な体験です。

東京オフィス 構造グループ
大西 春楓 2018年入社

- 入社を決めた理由は?

「風通しの良さ」を第一に。
スケールの大きな仕事をしたい。

「将来は建築士になりたい!」と、大学は建築学科で学んでいました。でも、いざ就活となると、自分を見つめ直しますよね。自分はデザイン性を追求するより構造設計のほうが向いているのかな……とか。建築系の企業で、最初から構造設計を専門的にやれる企業となると、実はあまり無い。そこで視野を土木系まで広げた時、出会ったのが当社でした。
マイナビで見つけた瞬間は、他にも有名な企業がたくさん出てきて。でも、自分は「風通しの良さ」を企業選びの判断軸としていたので、規模は関係なかったです。アットホームなのに、仕事のスケールが大きい会社。日本全国、海外にまでフィールドが広がっていて、たくさん経験が積め、仕事のみならず人生の勉強にもなる。そういう印象を説明会や面接を受けた際に、奥村設計に一番感じました。社風や社員の人柄の良さも大きな決め手ですが、結果的には大正解でしたね。

- どんな仕事をしているの?

同じ「橋」でも、同じ仕事にならない。
モノの考え方が変わるから、面白い。

設計業務では橋梁の予備設計と、ボックスカルバートという地中の構造物を担当しています。予備設計とは、新規でも架け替えの場合でも、初期段階に概算で仕様をシミュレーションし、お客様にご提案する仕事。条件は毎回違いますから、「重いけど耐錆性のあるコンクリート製、軽いけど錆に弱い鉄製」など、橋を支える柱の部分まで含めて全体的に設計し、初期コストや将来的な補修費といった項目を点数付けして、お客様と調整しながら最適な橋種を選ぶことになります。たとえば、北海道と沖縄ではまったく条件が違う。さらに海外では部品や材料の規格、基準からして違いますから、どの案件もとても勉強になるし、変化があって面白いんです。

また、PC環境の整備やWEB会議のシステム導入、図面ソフトのライセンス管理など、総務的なSE情報管理の仕事も兼任で進めています。

- 入社して成長したことは?

図面を書くスピードがどんどんアップ!
設計、施工、3D、何でもプロに聞けること。

大学では、図面を書くのは手書きでした。CADを使えるようになったのは入社してから。入社後すぐに研修に行けるので、基礎知識はそこで得られます。あとは会社の図面作成のルールや、ソフトを使う際のショートカットなど、実戦的なスキルは社内にどんな分野でもプロの先輩方がいるので、気さくに聞くことができます。入社数カ月で「図面を書くスピードが早くなったね」と上司から言われたのが、最初に成長を実感した瞬間です。

今後の目標として、業務の責任者の立場になる時が来ると思いますが、自信をもって担当できるように、新人のうちに何でも聞いておこうと。ある女性の先輩は、30歳前後でプロジェクトのリーダーとなり、お客様(大手建設コンサル会社)との打合せで積極的に意見を出していました。私も5年後には先輩のように、お客様とのやりとりでも自分らしく進めていけるようになりたいですね。最近はCIM推進グループとの連携にも積極的に参加していて、将来的には設計だけでなく施工計画の部分も任せてもらえるようになりたいと、勝手に思っています(笑)

- 「ウチの会社の良いところ!」は何ですか?

真心をつなぐ、モノづくり。
挑戦を「楽しむ」舞台があります。

20代のメンバーが多い会社です。あとは創立メンバーの世代も多く、他業界から来た方や実際に施工現場で働いていた方など、その世代は経験豊富な先輩ばかりですね。経験に裏打ちされた技術を直接教えてもらえるのが良いところで、「人を育てる」ことに意識的なのだと感じます。
構造設計の仕事は非常に細かい作業も多いのですが、設計後の図面や計算書のチェックなど、「全員が丁寧な仕事をしている」のが入社時から印象的でした。設計から施工計画、3Dモデリングまで、社員の真心がつながっている。その結果、当社オリジナルのモノを送り出せているのかなと。

今、会社が大きくなっていく姿をリアルタイムで見られるのは、貴重な経験だと思います。東京オフィスの次は大阪、九州、そして海外。「挑戦したい」という方には、まさに最適な環境であることは間違いない。若いうちから色々な場所に行けるのは楽しいし、私がもし「次は大阪をサポートして」と言われたら、「やったー!」と返しますね。

On Time – Off Time

もともとオンとオフでスイッチを切り替えるタイプなので、土・日は仕事のことはすっかり忘れて過ごしてます。Netflixで映画やライブ配信を見たり、地元名古屋の友達とテレビ電話でストレス発散してます。東京に異動し、名古屋の友達に遊びに来てもらおうと思っていたのですが、コロナ禍でまだ実現できず……それが残念。