人を知る

2次元CADを駆使して、構造設計や
施工計画の「具現化」の部分を担います。

名古屋本社 設計部 CADグループ
磯部 真衣 2014年入社

- 入社を決めた理由は?

輝かしい未来があるのではないか
という希望と、職場の安心感があった。

職場選びの大切な価値観として、一番は「長く仕事を続けたい」ということがありました。面接で当社の社長に会った際に、バイタリティ溢れる、新しいことをどんどん取り入れていくぞという印象を強く受け、「これは輝かしい未来があるのではないか」と希望を持ちました。また、女性の先輩方もたくさん活躍していて、この会社なら男女気にせず長く働けるのかなという安心感がありました。

私たちCADグループは、AutoCADという2次元のソフトを主に使用します。BIM/CIMに関わる3次元CADはイメージ図に近い部分があるのですが、2次元CADはその詳細な設計図と言うべきもので、大きく異なります。2次元CADは土木の分野で需要が高く、これからも世の中に必要とされる技術であることは間違いありません。

- どんな仕事をしているの?

その図面があれば、誰でも「モノがつくれる」
ところまで、細部を詰めていく。

設計者が計算した結果をもとに、AutoCADを使って図面を書きます。構造物一つひとつの細かい寸法、厚み、加工の際の穴の大きさ、すべての情報を図面に書き込み、「これがあれば誰でもモノをつくれる」ところまで持っていくのが、CADオペレーターの仕事です。

当社の場合、CADの技術はもちろんですが、土木の知識も求められます。設計者も100%の計算結果の状態で投げてこないので、こちらで図面を書きながらチェックしたり、図面にすると計算通りいかないよとフィードバックをしたり、設計者と協力しながら成果物をつくりあげていきます。大切なのは、想像力を働かせること。立体的に頭の中で考えられるようにならないと、図面づくりは難しい。もちろん、最初はみんな戸惑いますが、すべては「慣れ」なので(笑)未経験の方でも心配はいりません。

- 仕事の「楽しさ」「やりがい」は?

毎回立ちはだかる「新しい壁」
それを乗り越えていく、楽しさ。

土木の構造物は、自然を相手にしているので、環境や条件によってまったく形の違うものになるんです。つまり、前回使用した技術が、今回は使えないということが日常茶飯事です。毎回、何かしら新しい壁が立ちはだかる。そこに挑戦していくのは大変ですが、楽しさでもあります。
そうした困難も楽しめるのは、私が仕事が好きだからといえるかもしれません。好きだから、興味がある。土木のことをもっと知りたいと思う。忙しくて大変な時でも頑張る力が湧いてくるんですね。

最近は災害復旧の仕事が増えています。また、地震時に橋が落ちないよう補強する「落橋防止」の案件が今すごく多くて。そういった仕事を通じて、世の中の誰かの役に立っているというのは誇りに思います。
当社は全国各地の仕事をしているので、自分がこれまでに関わった仕事の完成物を見る機会はなかなかありませんが、いつかこの目で見たいと思っています。

- 「ウチの会社の良いところ!」は何ですか?

困っている社員がいたら、サポートしたり、
人を回したり、チームで残業削減を進めています。

当社は年齢の若い社員が多く、女性社員も多いのですが、その垣根がないというのは特徴かと思います。わからないことがあれば、誰にでも聞くことができる。みんなで教え合って、協力してやっていける雰囲気が魅力かなと。
また、残業時間の削減や、有給取得に積極的に取り組んでいます。一昔前までは、業界的に「残業して当たり前」だったのが、社会全体の流れもありますし、何より私が残業したくない(笑)ということで、私たちのチームは毎日、グループ内で進捗状況を報告し合って、納期が厳しいというメンバーがいればそこに人を回すなり、新人であれば仕事のやり方を見直してあげるなり、工夫してみんなが定時に帰れるように気をつけています。

CADグループは現在、名古屋が8名、東京オフィスが2名、全員女性社員です。だからと言って男性の希望者の方もウェルカム。ぜひ、一緒に働きましょう!

Message

私たちCADグループは、未経験から入社した社員が多いので、「土木のことがわからない」という方の気持ちがよくわかる、優しい先輩ばかりです。私も、いまだに新しく知るということがたくさんあります。未経験の方でも、気軽に当社の門を叩いてみてください。私たちと一緒に学びながら、仕事の楽しさや充実感を味わいましょう。